パート労働ナビゲーション本サイトご利用案内トップページ

パート社員を雇う際のルールを知りたい

募集と採用のルール

パート社員を募集するときは、求める人材像を明確にしましょう。
また、労働者を募集する際、業務の内容及び賃金、労働時間等の労働条件を明示しなければなりません。
一定の理由で応募者を募集・採用から排除することは、法律に違反する差別として禁止されています。

採用の自由 :募集・採用は、基本的に事業主の経営の自由、契約の自由ですが
⇒ すべての採用基準を事業主の自由に委ねると、雇用機会の不平等が生じるおそれがあるため
⇒ 法令により一定の制限が設けられています

具体的に禁止される差別的取扱いとは

性差別の禁止

募集・採用の際の次のような差別的取扱いは、男女雇用機会均等法違反となります。

  1. 募集・採用にあたって、男女のいずれかを排除すること
  2. 募集・採用の条件を男女で異なるものにすること
  3. 採用選考の方法や基準について男女で異なる取扱いをすること
  4. 募集・採用において、男女のいずれかを優先すること
  5. 求人内容の説明等、募集・採用に係る情報の提供について、男女で異なる取扱いをすること

年齢差別の禁止

募集・採用にあたっては、原則として年齢により差別してはなりません。(雇用対策法10条)
事業主は、募集・採用の際、労働者に求められる能力、経験、技能の程度などの事項をできるだけ明示しましょう。

その他

労働組合に入っていることや労働組合の正当な活動を理由として不利益に取り扱うことは労働組合法で禁止されています。

このページの情報は役に立ちましたか?

 

ご意見・ご要望等ありましたらお気軽にご記入ください。


注意:個人情報は入力しないでください。

ご意見・ご要望につきましては原則として回答はいたしませんが、今後の参考とさせていただきます。
非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所をお伺いします。

非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所を訪問し、助言や普及・啓発を行っています。
お近くの労働相談情報センターまで
03-5211-2248(飯田橋)