パート労働ナビゲーション本サイトご利用案内トップページ

パート社員を雇う際のルールを知りたい

正社員転換制度・短時間正社員制度

正社員転換制度
パートタイム労働者から通常の労働者へ転換するチャンスをととのえてください

通常の労働者への転換の推進

パートタイム労働者のなかには、通常の労働者として働くことを希望しながらやむをえずパートタイム労働者として働いている方々もいます。これは、パートタイム労働者となるとなかなか通常の労働者となることが難しいということも影響しています。
このため、パートタイム労働者から通常の労働者へ転換するチャンスをととのえることが事業主に義務付けられています。

講じる措置の例

  • 通常の労働者の募集の際は、その募集内容を既に雇っているパートタイム労働者に周知する。
  • 社内公募として、パートタイム労働者に対して通常の労働者のポストへの応募機会を与える。
  • パートタイム労働者が通常の労働者へ転換するための試験制度を設ける等、転換制度を導入する。
  • その他通常の労働者への転換を推進するための措置を講ずる。


短時間正社員制度

「短時間正社員」とは?

他の正規型のフルタイム労働者(※)と比べて、その所定労働時間(所定労働日数)が短い正規型の労働者であって、次のいずれにも該当する労働者です。

  1. 期間の定めのない労働契約を締結している者
  2. 時間当たりの基本給及び賞与・退職金等の算定方法等が同一事業所に雇用される同種のフルタイムの正規型の労働者と同等である者
※ 正規型のフルタイムの労働者:1日の所定労働時間が8時間程度で週5日勤務を基本とする、正規型の労働者

>>短時間正社員制度導入支援ナビ(厚生労働省)

>>「多様な正社員」の普及・拡大のための有識者懇談会報告書

このページの情報は役に立ちましたか?

 

ご意見・ご要望等ありましたらお気軽にご記入ください。


注意:個人情報は入力しないでください。

ご意見・ご要望につきましては原則として回答はいたしませんが、今後の参考とさせていただきます。
非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所をお伺いします。

非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所を訪問し、助言や普及・啓発を行っています。
お近くの労働相談情報センターまで
03-5211-2248(飯田橋)