パート労働ナビゲーション本サイトご利用案内トップページ
トップページ > パート社員を活用している事例を知りたい > 目的別工夫事例:1.自社に適した人を採用したい

パート社員を活用している事例を知りたい

1、自社に適した人を採用したい

小売業…カジュアル衣料品販売/従業員数:約4000人(うちパート社員3600人)

パート社員採用時に面接と現場案内で人材と仕事のミスマッチを防ぐ

■採用面接時に売場案内

カジュアル衣料品の販売を行っているアパレル企業A社では、ショップでの販売パート社員を採用する際、バックヤードで面接をした後、売場を案内しています。まず、バックヤードで「いつ、どのくらい働けるのか」といった質問や過去の職歴などを聞き、履歴書の内容を確認した後、面接担当者は応募者を売場に案内するのです。売場を案内する理由は2つあります。

■理由その1 応募者側の職場理解を促す

1つはそれにより、応募者にさまざまな情報を具体的に与えることができるからです。例えば、自社がどんな商品を扱っていて、どんな方がお客さまなのか、先輩パートはどんな髪形や装いで、どんな仕事を行っているのか、などです。この案内ほど、応募者に採用後の自分の仕事をリアルに誤りなく理解してもらうのに良い方法はありません。

■理由その2 人材の適性と「その人となり」を見極める

売場を案内するもう1つの理由は、面接担当者が応募者を案内しながら、応募者の様子を見ることができることにあります。例えば、仕事の説明を聞いているときの目の輝き、その際に応募者自身から質問があるかどうかなどです。その他、先輩パート社員を紹介した際の受け答えや、面接担当者がお客さまに「いらっしゃいませ」あるいは「何かお探しですか?」と声をかけたときに、お客さまを全く無視した態度をとるか、面接担当者と一緒になって会釈の1つもできるか、といった具合です。

机を挟んで向き合う面接と比べて、応募者はリラックスしやすい状況にあるため、より素のままの「その人となり」が出てきます。A社の人事部長はこう言います。

「面接後に売場を案内することは、とても良い取り組みだと思っています。売場での反応を見て『この人なら』と思い、採用した人は自社に合った人材である確率が高いからです。具体的には、職場に慣れるのが早く、仕事ぶりが積極的ですし、長く働いてくれる傾向にあります。」

応募者に実際に働く現場を見せることは、人と仕事のミスマッチを防ぐ上でも、会社と働く人双方にとって有効な方法の1つです。

このページの情報は役に立ちましたか?

 

ご意見・ご要望等ありましたらお気軽にご記入ください。


注意:個人情報は入力しないでください。

ご意見・ご要望につきましては原則として回答はいたしませんが、今後の参考とさせていただきます。
非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所をお伺いします。

非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所を訪問し、助言や普及・啓発を行っています。
お近くの労働相談情報センターまで
03-5211-2248(飯田橋)