パート労働ナビゲーション本サイトご利用案内トップページ
トップページ > パート社員を活用している事例を知りたい > 目的別工夫事例:2.定着率を上げたい

パート社員を活用している事例を知りたい

2.定着率を上げたい

製造業…電子部品メーカー従業員数/約100人(うちパート社員30人)

再雇用や勤務延長制度等のしくみづくりで長期勤続を実現

■パートの定着を実現

電子部品メーカーB社は、パート社員が辞めないことで有名です。時間給で働くパート社員の平均勤続年数は、実に7年に及んでいます。

■会社として、長期勤続期待のメッセージを明確にする

創業から50年近くを経たB社が、販路を広げ成長を続ける大きな原動力の1つが、工場の生産ラインで働くパート社員です。勤続年数の長さは、作業の熟練度に比例しています。では、なぜ同社のパート社員は辞めないのでしょうか。理由は、会社がパート社員に「長く勤めてください」「ベテランになってください」というメッセージを明確に打ち出していることにあります。

■各種のしくみで働き続けられる環境整備を

それも、単に言葉で言うだけでなく、各種制度で具現化しています。つまり、長く働いてほしいから、長く働ける職場づくりを積極的に進めてきました。例えば、パート社員の雇用契約は“期間の定めのない雇用契約”を結んでいます。つまり、定年までの契約です。また、仕事と家庭の両立を支援するために、育児や介護に配慮したさまざま制度があり、男女ともに働きやすい職場環境の整備を実行しています。

勤務時間への対応も柔軟です。パート社員の勤務時間は「1日4時間以上」。これをクリアしていれば、あとは自由に設定できます。パート社員で入社しても、子どもの手が離れるなど、1日8時間のフルタイム勤務が可能になれば、月給制に移行できます。

■高齢パートの戦力化

各種の制度の中でも最も重要なのが、評価に応じた賃金制度と、希望者全員に適用している定年退職後の再雇用制度です。これらは社員のやりがいに直結します。評価に応じて賃金が上がり、しかも仕事にやりがいを感じ、やる気を維持している限り、「辞めたい」とは思わないのです。しかも同社では、希望者全員を1年ごとの契約更新により65歳まで雇用し続ける再雇用制度をとっています。これは、第一に働く意欲のある間は、働く場を提供したいとの考えからです。もちろん「経験、能力のある多能工を活用したい」「後進の育成」といった意図もあります。こうした一連の取り組みは、同社で働くパート社員に、「ずっとここで働ける」「頑張れば、きちんと認めてもらえる」安心感を与えています。

こうした取り組みを行っていれば、パート社員は自ずと会社を信頼し、協力してくれるようになります。例えば、勤務シフトなどで融通を利かせてくれます。要するに、重要なポイントは、会社が「パート社員が協力してくれない」と嘆くのではなく、率先してパート社員を大事にする姿勢を打ち出すことです。

このページの情報は役に立ちましたか?

 

ご意見・ご要望等ありましたらお気軽にご記入ください。


注意:個人情報は入力しないでください。

ご意見・ご要望につきましては原則として回答はいたしませんが、今後の参考とさせていただきます。
非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所をお伺いします。

非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所を訪問し、助言や普及・啓発を行っています。
お近くの労働相談情報センターまで
03-5211-2248(飯田橋)