パート労働ナビゲーション本サイトご利用案内トップページ
トップページ > パート社員を活用している事例を知りたい > 目的別工夫事例:3.トラブルを起こさないために

パート社員を活用している事例を知りたい

3.トラブルを起こさないために

小売業…雑貨販売店/従業員数:約7000人(うちパート社員6000人)

パート社員用の就業規則をつくることでトラブルを防ぐ

■パート社員用の就業規則を作成

C社には、正社員用とパート社員用の2つの就業規則があります。就業規則を雇用形態別に定めていると、トラブルの予防につながるからです。たとえば、正社員用の就業規則のみ制定し、パート社員の就業規則が整備されていなかった場合には、パート社員から「正社員にはボーナスが支給されているのに、なぜパート社員には支給されないのか」と言われるかもしれません。

こうしたトラブルを防ぐには、パート社員用の就業規則を作成し、その中で賞与の支給の有無などを定めておかなければなりません。もし、パート社員用の就業規則がなければ、正社員の就業規則が適用され、正社員と同じように賞与を支払わなくてはならない場合もあります。

また、パート社員用の就業規則を別途定めると就業規則に規定しているものの、実際には定められていない場合、就業規則作成義務違反となることがあります。

■パート就業規則作成の手続

C社では、パート社員用の就業規則の作成にあたって、当該事業場の過半数代表者の意見を聴くにとどまらず、パート社員の過半数代表者の意見を聴取して作成しました。これはパートタイム労働法に基づく手続きです(第7条)。パート社員の過半数代表者の選出の過程では、労働条件や仕事の進め方について、パート社員間での議論が活発になされたようです。パート就業規則の作成を通して、職場でパート社員の意見を反映させる職場風土が生まれ、仕事の面でもよい影響がありました。

■就業規則作成は労使双方にとって有用
就業規則を作成しておくことは、会社にとってよい効果をもたらします。就業規則で会社と従業員双方の権利と義務を明確にし、きちんとした会社であることをアピールできれば、従業員との信頼関係の構築や良い人材の確保につながるからです。

このページの情報は役に立ちましたか?

 

ご意見・ご要望等ありましたらお気軽にご記入ください。


注意:個人情報は入力しないでください。

ご意見・ご要望につきましては原則として回答はいたしませんが、今後の参考とさせていただきます。
非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所をお伺いします。

非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所を訪問し、助言や普及・啓発を行っています。
お近くの労働相談情報センターまで
03-5211-2248(飯田橋)