パート労働ナビゲーション本サイトご利用案内トップページ
トップページ > パート社員を活用している事例を知りたい > 目的別工夫事例:10.労働条件の明示と説明

パート社員を活用している事例を知りたい

10.労働条件の明示と説明

サービス業…飲食/従業員数:約10人(うちパート社員8人)

採用および更新時には労働条件を文書で交付してトラブルを防止

■採用・更新に当たって労働条件を明示する

飲食店を経営するI社では、パート社員の採用時及び更新時に行っていることがあります。

まず、本人に適用になる労働条件について、労働条件通知書をはさんで、店長がパート社員に説明をします。そのうえで、パート社員からの質問などに懇切丁寧に説明をします。賃金について、昇給や賞与、退職金の有無については、パートタイム労働法に基づき、説明をします(残念ながら、当社ではパート社員の昇給や賞与・退職金はないので、その旨を説明します)。また、パート社員は期間の定めのある契約(6ヶ月契約)で雇用していることから、労働条件通知書には、期間の定め、更新の有無、更新基準、更新・雇止めに際しての予告制度等を記載し、店長に説明をさせています。

■文書交付・保管の重要性

労働条件通知書は、かならず3通を作成し、1通はパート社員に交付します。1通は店長のもとにおきます。もう1通は本社の人事管理部門で保管をします。労働者、職場、管理部門のそれぞれ契約書がありませんと、なにかトラブルが生じたときに、対応が遅れてしまうことになります。パート社員の中には、時間外労働ができないとか、休日出勤は極力避けたいという方もいらっしゃいます。個別の契約内容を直属上司である店長も知っていないと、時間外労働免除の特約のパート社員なのに店長が残業を命じてしまうといったトラブルも生じます。そこで、店長にも個々人の契約内容を十分理解しておいてもらうことが重要です。

■中間管理職の法令理解の重要性

年に2回の店長会議では、パートタイム労働法などの労働関連法令のレクチャーの時間を設けます。また、就業規則や、処遇の決定などに関するデータも示して、店長に管理者としての意識をもってもらっています。パート社員に日々接する店長が、法令や制度を理解していないと、トラブルが生じるからです。

以前、こういう問題が生じました。あるパートに、店長が、勤務態度や勤怠状況が悪いことを指摘して雇止めの予告をしたところ、「前回の契約更新のときは、『契約期間なんて、あってないようなものですよ。更新手続なんて本社がうるさいからやっているだけだ。』といわれた。」と居直ったのです。

そこで、パート社員の労働契約を締結・更新するときには、「有期労働契約の締結、更新及び雇い止めに関する基準」により契約期間満了後に契約更新の有無を明示すること、また、その判断基準を文書等で明示することを社内で徹底することにしました。

上記のような雇止めによるトラブルを未然に防ぐには、こうしたことをパート社員にはっきり明示することが大切だと思います。上記の例では「勤務態度、勤怠状況によって雇止めにすることがある」と労働条件通知書に記載していたにもかかわらず、予断を抱かせるようなことを店長がいってしまったのが、トラブルの原因となっていました。いまは法令に則して全店舗に書面交付と説明を徹底しています。

このページの情報は役に立ちましたか?

 

ご意見・ご要望等ありましたらお気軽にご記入ください。


注意:個人情報は入力しないでください。

ご意見・ご要望につきましては原則として回答はいたしませんが、今後の参考とさせていただきます。
非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所をお伺いします。

非正規雇用アドバイザーが皆様の事業所を訪問し、助言や普及・啓発を行っています。
お近くの労働相談情報センターまで
03-5211-2248(飯田橋)